犬の風邪・症状を検証する

犬猫の風邪
犬猫の風邪や病気に効くサプリメントや健康補助食品を紹介するサイトです。
犬猫の風邪

犬や猫の風邪症状やケンネルコフ症候群(伝染性気管支炎)を検証する。

犬の平均体温は、小型犬の場合平熱時は38.6℃〜39.2℃です。大型犬の場合、平熱時は37.5℃〜38.6℃です。

犬は人間より少し体温が高い傾向にあります。

くしゃみ、鼻水、咳を繰り返すし、ぐったり衰弱している様子であれば、風邪を疑ったほうがよいでしょう。

犬が罹る風邪にケンネルコフ症候群(伝染性気管支炎)があります。

症状としては、「発作性の発咳、食欲不振、発熱、元気がなくなる、鼻汁、眼脂、呼吸困難(重症な場合)」があるか?

ケンネルコフ症候群の原因菌は、細菌・微生物、ウィルスが考えられます。

しかし、動物独自にも人とは違う体質がありますので、動物専用に開発された動物薬を使用するほうが安心です。

ケンネルコフ症候群には特効薬がありません。

治療法として、インターフェロンを投与するようですが、トランスファーファクターはこのインターフェロンと同様の作用を発揮するというこです。


トランスファーファクター・TF含有量:300mg×60粒


犬の風邪に係る特効薬がないのであれば、予防策を検討することも大事です。

抗菌剤を検討されてみてはいかがですか。


【sora】トップページへ

犬や猫の風邪症状に効く特効薬

sample<DL>